VR NEWS

15.06.04

新しいGoogle Cardboardの発表がありました

Google I/O 2015 で Google Cardboard の新型が発表されました。
各所の発表から新型Google Cardboard を拝見し、私の感じたことを記載します。

VR界隈は記事ネタに困らないくらい、日々沢山の記事が公開されています。 どんどん新しいニュースを掲載していくのも大事なのですが、 なるべく独自の目線での記事に出来ればいいな、と考えつつ記載をしております。 さて、Google I/O 2015 で Google Cardboard (ヘッドセット)の新型が発表されました。 ポイントだけ整理すると ・6inchスマホ対応 20150604003954 ・組み立ての簡易化(3ステップ) snap0447_m ・マグネットボタンの廃止(物理的なボタンに変更) 20150604005911 という3つが大きな変更点のようです。 Cardboard SDKも発表がありましたが、 今回はまずダンボールヘッドセットのお話で。 「実質iphone対応という点が興味深い!」という論調ですが 競合商品を作っている人間の目線からすると、 「改善も改悪もあるなぁ」というのが第一印象です。 競合商品であるInstanTRIPを売っているとわかるのですが やはり今のユーザーさん(特に企業様相手では)は、 「各々の商品のドコが優れていて、ドコが劣っていて、何が自分たちにフィットするのか?」 の説明を求められることが多いです。 ですので、「ダンボールタイプのここが優れている」というポイントは 一般の記者様より常に痛感しているという自負があります。 偉そうですね・・。すみません。 閑話休題、 それでは3つの変更点に関して自分が思うことを記載します。 まず ■6inchスマホ対応 これは「NEXUS6」が出た時点で絶対必要だったものでしょう。。他社の様々な簡易VRヘッドセットと違い「レンズ固定型」を採用されているので、「6inch対応!」ってことは画面が大きくなった?!というわけではないのをご注意ください。よって実はここは大きなポイントとは言えないと思います。多くの記事は「iphone対応だってよ、すごいなGoogle」って言ってますが、「SDKがiOS対応したことがすごいのであって、6inch対応=iphone対応ではない!」ということです。どこで履き違えているのか、よく「6inch対応」と「iOS対応」が結び付けられているので、ちゃんとしておきたいです。要は「当たり前の進化」です。 ■組み立ての簡易化 このポイントは意外に取り上げている記事が少なかったのですが、いくつかVRヘッドセットを組んだ人なら「大きな変化だ!」と言うでしょう(この変化を取り上げていない人は多分、簡易VRヘッドセットを組んだことがないと思う)。実は弊社のInstanTRIP「組み立てが簡単」というのが売りのひとつで、ダンボール型の「組み立てが困難」というポイントに対する優位性のひとつでした。それを直してきたのは「さすが!ユーザーの意見を聞いているなぁ」という感動がありました。ダンボール型はとにかく「組み立てが面倒」なのです。 しかし、です。この改善は同時に改悪でもあります。私が思う改悪ポイントは2つ。 →改悪ポイント:1 わずか千円程度の商品に対し、「組み立て」という工程を入れたことによるコストアップ。 これは多分見過ごせない金額だと思います。この工程がない(つまり切り抜いた状態で納品)だったからこそ実現できた部分を、今回のバージョンでロスしているように思います。 →改悪ポイント:2 スタック性の悪化です。これは個々人には全く影響がないことで、たぶんGoogle側も意識していないことなのだと認識していますが、組み上げられた新型Cardboardは「立体」として納入されます。スタック性の悪化、つまり一般的な輸送コンテナにいくら積み込めるか?という観点でみたとき、また倉庫などで在庫するときの専有面積が大きくなっているという点です。新型Cardboardの箱の中はほとんど「空気」なので、その容積分無駄に大きくなっており、例えば1万個を保管するのに「組み立て前」「組み立て後」では数倍の違い、10万個となれば雲泥の差を生むことになります。これは企業レベルで採用されるか否のときには大きな障壁となりうるポイントで、私達は「プラスチック型の簡易VRヘッドセットの残念なポイントはスタック性の低さ」だと考えており、同時に今回の新型Cardboardは本来の強みである「スタック性」の低下を招いていると考えています。 ■マグネットボタンの廃止 大丈夫、それはみんなわかっていました。 潔く本家が廃止してくれたことに感謝します。 以上、私感がほとんどですが、一般的な記事より少し突っ込んだ目線で書かせていただきました。 個人的にもし購入するなら、「ダンボール型」というカテゴリに限定すると間違いなく最高の逸品だと思います。NEXUS6然り、Google謹製のハード(?)は良い物だと思います。僕らも頑張って負けない商品を考えないといけませんネ!