ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)

わかります、ロボットシューティングを想像しているあなたの思考回路。古く言えばサイバーコマンド、新し目で言えばアーマード・コアですか?いえいえ、違います、正解はF-ZEROっぽいです。いや、実はF-ZEROですらなく、「高得点かつ減点の少ないレーンをいかにして走るか!」というゲームです。(否定しているわけでない)タイムを競うゲームではないです。
iOS android WEB

ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)
  • ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)
  • ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)
  • ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)
  • ぎぃぃぃあああ、追いかけられる(レース)
こんにちは、yamasanです。今回はVRレースゲーム、「Radial-G : Infinity」をレビューします。
ゲーム好きじゃない人はある程度覚悟して読んでくださいね(残念)。

まずアプリのアイコンから想像する「四足歩行」のロボットには
誰もが激しくテンションが上がってしまいますね。
しかも単眼。
「わかってるなぁ、君は。今日飲みに行こう。」
と言いたくなるデザインです。

某◯◯のパクリだとか無粋なことは誰も言いません。
オマージュです。
ロボット界は音楽界と同じくらい
「オマージュ」という言葉で片がつく、
優しい世界なのです。

ただ此のゲームの
「四足歩行ロボット」には
大きな2つの欠点があります。

ひとつは
《敵であること》
たしかにこのロボットは「敵っぽい」という人もいると思います。
だから「別にいいじゃん」と思うでしょう?
違います。しかし操作したいのです。自分が。
この敵っぽいのを操作することにこそカタス・・・いやヤメておきます。
現在のリアルロボットの世界(冷静に考えると「なんじゃそりゃ」なんですが)では
四足歩行こそが至高と呼ばれ・・いやヤメておきます。
とにかく「敵」なのです。
いや、しかしモノは考えようで、この四足歩行ロボが敵なら
何度もこちらが「見ることが出来る」という意味ではいいかも知れません。
近年のロボットゲームは「コックピット視点」であるため自機が見えないこともしばしば。
それならいっそ敵の方がよく「見える」から良いとしましょう。
しかし・・・それ以上の欠点があります。
それは・・
《ほとんどこの四足歩行ロボが出現しないこと》
このゲーム、レースゲームなのですが、
「主人公(の機体?)は追われている」という設定なので、

この四足歩行ロボが見える=ゲームオーバー

なのです。
ひどすぎる。


□ゲームの初め方
さて、主観はさておき、ゲームの始め方ですが
このゲームはAndroidオンリーでリリースされています。
ちょっと残念ですが、とにかくGoogle Play ストアからダウンロードして下さい
(ちなみにOculus版もリリースされているようで、そちらはゲーム性が違うっぽい)

ダウンロードすると

・VRモード
・Standardモード
を選ぶことができます。

この記事の読者様なら迷わずVRモード!と言いたいところです。
が、「ゲーム性を理解するため」には
Standardモードもプレイすることをオススメします。
「四足歩行ロボがVRで!?」って思ってVRヘッドセットを覗きこんだら
普通のレーンゲームが始まるなんて、
簡易VRヘッドセットまるごとスマホをぶん投げてしまうでしょう?
投げない?

□ゲームのルール
VRモードとStandardモードで、
ルールは同じですが操作方法がかなり違います。
特にVRモードでの操作はちょっと特徴的です。
特徴的ですがすぐに慣れます。

まずルールとして最も重要なのは
・後ろから追われているので
 →スピードダウン
 →コースアウト
は著しくゲームオーバーに近づきます。
「1周のタイムを競う」のではなく
「いかに長い時間を走り切る=遠くに行くか」を競うゲームです。
ですのでスコアをみてみると
「Disitance」というものもあります。
とりあえずポイントとなるのは
上から順に
・コースアウト(破壊されたルートの回避)
・減速ポイント(赤の棒線の回避)
・加速ポイント(緑の矢印の通過)
・加速アイテム(青の立方体の取得、蓄積型)
となります。
それ以外はいろいろあるんですが、
余裕がある範囲で回収していれば十分です。
中盤になると上記以外に気を取られると結構簡単に死にます。

□操作方法
次に操作方法ですが、
基本的に必要な操作は
・コース変更
です。
自機は「オンザレール」の走りをしますので
『うおおおお、カーブの前で減速だ!』
『コースの出口が見えるコンマ5秒前にアクセルを踏む!!!』
『ハンドルの修正舵角を細かく調整しつつすべてのコーナリングに対処ォォぉ!』
『このコーナーは、ライン取り次第で減速なしで曲がれる!』
は必要ありません。だから「F-ZERO」とは違います。
(ちなみに著者の愛機はやはりFIRE STINGTRAYでした。)

「このままのコースを進んでると穴に落ちるなぁ・・?」と思ったら
首を回す(右を向くor左を向く)でコース変更です。
「あ、左のコースにアイテムあるから取りたいな」と思ったら
左を向く。です。
間違っても首を捻ってはいけません。

途中「溝を挟んで左右にコースが出現」しますが
普通に「左を向く」「右を向く」で移動可能です。

僕は
「四足歩行ロボがでない?」と思って首を捻った時に
偶然コース移動したので
「コース移動は首をひねる!」と思って
なんども首を捻っていました。
(首をひねる動作でジャイロが反応してとりあえずコース移動は出来た)
かなり不思議なやつだったと思います。
こんな恥ずかしい思いをする必要は無いです。
いや、四足歩行ロボが出ないので首をひねる必要はあります。

□ゲーム内容
基本的にはずっと右カーブです。
え?何言ってるかわかならない。
いや、右カーブなんですよ。
ずっと。
ビックリするくらい。

□ゲーム感想
レースっぽいのにレースじゃないですし
近未来の戦闘機っぽい自機のわりに
スピード感は皆無です。
四足歩行ロボは出ませんし、
こっちはミサイルもビームも出せません。
ただただ、効率よく逃げるだけ。

ここまで読んだ人はおおよそ
「全然おもしろくないってことね」
と思ったと思います。

しかしこのゲーム、恐ろしいことに
面白いんです。
というか適度に「意地になる」要素を持ち合わせています。

四足歩行ロボ好きにはオススメできませんが、
意外にパズルゲームにも似たような独特なトリップ感、
「ぼーっとしながらやるゲーム」を覚えました。

Standardモードのほうがプレイしやすいと感じるのは序盤だけで
VRモードで自由自在に操作できるようになると
「あ、なんかトリップしてる・・」って思える瞬間がやってきます。
この感覚はテトリスにも似ているトリップ感です。
あの、ぼーっと続けていられる不思議な感覚。

そんなあなたを現実に引き戻してくれるのは
ゲームオーバーの
四・足・歩・行・ロ・ボ。

だんだん好きになってきたでしょう?

ぼんやりゲームをしたい人にオススメします。
VRなのに3D酔いも全くありません!

(yamanaka)

TIME 00:01:00 PRICE ¥0

Radial-G : Infinity 開発:Tammeka Ltd

http://tammeka.com

Google Playストアからダウンロード、
VR ビューとスタンダードビューを選ぶことが可能です。
View選択画面は普通のタップを使用して選択するため、
先にヘッドセットをつけてしまうと少し手間です。

コンテンツを閲覧する

  • Web App
  • Google play
  • App Store